HOME » 実は長い歴史が!水素水のことを知ろう » そもそも水素水ってどんなもの?

そもそも水素水ってどんなもの?

このページでは「水素水とはそもそも、どんなものか」、改めておさらいしています。

水素水とは

まず、なぜ水素水がこれほどの注目を集めているのか、そのヘルシーパワーをおさらい。

【水素水のヘルシーパワー】

身体のあらゆる場所で過剰発生し、細胞を錆びつかせる活性酸素。
「老化の元凶」「万病の元」と呼ばれています。
水素水は飲むだけで身体の隅々まで浸透し、身体のあらゆる場所で活性酸素を無力化させた後、無害な水として排出されます。

しかも、水素水が無力化させるのは「過剰発生した活性酸素」だけ。
活性酸素本来の働きである「身体の免疫反応に役立つ」だけの量は、きちんと残してくれるからすごいのです。

こうした「抗酸化作用」のある成分には、ビタミンCやポリフェノール、ベータカロテンなどが挙げられますが、中でも水素の抗酸化力は、群を抜いています。

次に、水素水商品の情報を調べる際、よく目にする単位について紹介しましょう。

【水素水の単位】

●ppm(パーツ・パー・ミリオン
水素の含有量を表す単位。
「商品の中にどのくらい水素が含まれるのか」を判断するのに、役立ちます。
通販などで入手できる商品は0.8~1.5ppm程度であることが多いようです。

●mV(ミリボルト
酸化還元単位。
-値で表され、数字が大きいほど抗酸化作用が優れていることになります。
水素の酸化還元単位は-420mVですが、商品開封後1時間程度で半減してしまいます。

●ph(ペーハー)
水素水が酸性~中性~アルカリ性のいずれかを測るのに役立ちます。
ちなみに人体の体液はph7.35。
この値に近いと、身体に浸透しやすいと言えます。
この単位の値は「水素を充填する原水」によっても変動が生まれます。

最後に、知っておきたい水素水の豆知識をまとめています。

【水素水の豆知識】

★水素は拡散しやすい
水素は「宇宙一小さな分子」。缶やペットボトルの商品では 、消費者へ届く前に容器から抜けてしまいます。
アルミパウチには、水素の拡散を防ぐ力が期待できます。
商品購入前には「いかに拡散防止対策を講じているか」よくチェックを。

★活性水素水とは?
「拡散しやすい」という水素のウィークポイントを克服すべく、各水素水メーカーが商品開発を続けているわけですが「もともと水素が溶け込んでいるため、拡散の心配がない」とされる水があります。
それが「活性水素水」です。
「奇跡の水」と言われる「ルルドの水(フランス)」や「ノルデナウの水(ドイツ)」などがこれにあたるとされていますが、いずれも科学的な立証を得たわけではありません(今のところ、科学の世界では「活性水素水」など存在しません)。
「活性水素水」という謳い文句を、むやみに信じないようにしましょう。

  • 体験レポート1

    水素水を
    飲んでみました!

    水素水を飲んでみました!

    普段飲むお水を、水素水に変更して検証しました。運動や睡眠時間など、日頃から美容と健康には気を付けていますが、水素水を飲み続けたら、嬉しい効果がいくつも実感できました!

  • 体験レポート2

    水素水で
    お肌と髪を
    ケアしました!

    水素水でお肌と髪をケアしました!

    水素水を、顔や全身、髪につけて検証しました!浸透力が高く、お肌はしっとりスベスベ、髪はサラサラでふんわり…。10日間という短期間でしたが、しっかり効果が出ましたよ!

  • 体験レポート3

    水素風呂を
    試してみました!

    水素風呂を試してみました!

    水素入浴剤を入れたお風呂で検証しました。体の芯から温まり、入浴後の肌はしっとりモチモチ!その後のスキンケアも浸透力が高く、肌荒れや髪の毛にも効果を実感できました。

  • 体験レポート4

    水素サプリメント
    を飲んでみました!

    水素サプリメントを飲んでみました!

    水素サプリメントを毎日飲んで検証しました。すぐに目に見える効果は少なかったものの、朝スッキリ起きられたり、体調が良く、肌のトーンもアップしたように思いました!

※このサイトは、個人が調べてまとめたサイトです。
 最新の情報などは、各商品の公式ホームページをご確認ください。